無料相談予約窓口 0120-489-022

債権回収(請負代金回収)

52,500円~の明朗料金で請負代金・工事代金の回収をサポート!!

請負代金・工事代金を回収したい。でも、弁護士には頼みづらい・・・

と感じる方も多いと思います。

それは、弁護士事務所が持つ独特の敷居の高さに加えて、「料金の不明瞭さ」も原因になっているのではないでしょうか。

多くの弁護士事務所では、「民事保全いくら、交渉いくら、民事訴訟いくら、強制執行いくら・・・」と、手続の進行に応じて料金が加算されていくシステムになっています。

そうすると、最終的にいくら必要になるのかが、依頼の段階では簡単には計算できません。

確かに、弁護士や司法書士の立場としては、手続が増えれば料金も増やしたいと考えるのが自然ではありますが、それでは、依頼する側にとっては非常に敷居が高くなってしまいます。

そこで、当事務所では、「これ位回収できたら費用がこれ位」と簡単に計算できるように、明瞭な料金プランをご準備しております

また、着手金も、請負代金回収までの手続一式を含めて52,500円とリーズナブルに設定しています。

「請負代金を早く回収したい。でも、費用が心配で依頼も、相談もできない。」

という方は、当事務所をご利用ください。

債権回収の料金表

High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所の債権回収料金表は次の通りです。

ご不明な点がある場合には、当事務所の無料面談相談をご利用いただき、その際にご質問ください。

債権回収プラン
債権名義取得プラン
担保取得プラン
強制執行プラン

司法書士の債権回収サポート

あまり知られていないかもしれませんが、司法書士は、以下のような手続を通して、あなたの債権回収をお手伝いすることが可能です。

  • 請求額が140万円以下の事案について、簡易裁判所での訴訟代理(※ 認定を受けた司法書士=認定司法書士のみ)
  • 請求額が140万円を超える事案について、地方裁判所等に提出する書類の作成
  • 強制執行、民事保全などに関する書類の作成
  • 抵当権等の担保権設定登記

以上からお分かりの通り、請求額が140万円以下である場合、認定司法書士は、債権回収について弁護士とほぼ同等のお手伝いが可能です

行政書士の債権回収サポート

司法書士とは違い、行政書士には、訴訟代理や裁判関係書類の作成はできません。
その代わり、以下のように、裁判に関連しない書類の作成を行うことが可能です。

  • 公正証書
  • 内容証明郵便
  • 和解書、合意書、契約書など

裁判所の手続を利用することだけが、ベストな債権回収方法ではありません。

公正証書や内容証明郵便を効果的に用いることによって、裁判を回避し、費用や時間をかけずに問題を解決できる場合があります。

当事務所ができる請負代金・工事代金回収サポート

当事務所は認定司法書士と行政書士の両方の資格を有しておりますので、裁判手続も、裁判外での手続も、両方をサポートすることが可能です。

請負代金・工事代金の回収ができなくてお困りの際には、お気軽にご相談ください。

初回のご相談は無料で承っております。