無料相談予約窓口 0120-954-529

建設キャリアアップシステム(CCUS)

建設キャリアアップシステムは、技術者一人の就業実績や資格を登録し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステムです。

昨今、この建設キャリアアップシステム登録が必要となっております。

面倒な電子申請をハイフィールド行政書士法人が対応いたします。

手続き代行報酬

報酬体系(事業者登録)

資本金の額 報酬(税込み)
3,000万円未満 33,000円
3,000万円以上 44,000円

報酬体系(技術者登録)※一度に登録する人数により変動

一度に登録する人数 報酬(税込み)
1名 27,500円
2名~10名 16,500円(1名につき)
11名~50名 13,200円(1名につき)
51名~100名 9,900円(1名につき)

建設キャリアアップシステム(CCUS)のメリット

CCUSは、事業者・技能者双方にメリットがあります。

事業者にとってのメリット

技能者の就業状況等容易に確認できるほか入退場にICカードを使うことにより、現場の入場管理等の効率化が図れます。

技能者にとってのメリット

自分の資格や就業履歴を証明できるため、働く現場にかかわらず適正な評価と処遇が受けられます。

建設キャリアアップシステム(CCUS)のポイント

建設キャリアアップシステムでは、一人ひとりの技能者がまちがいなく本人であることを確認したうえでシステムに登録し、IDが付与されたICカードを交付することが最初のスタートになります。ICカードが本人を証明する機能を担うことになります。その上で、いつ、どの現場に、どの職種で、どの立場(職長など)で働いたか、日々の就業実績として電子的に記録・蓄積されます。同時に、どのような資格を取得し、あるいは講習を受けたかといった技能、研鑽の記録も蓄積されます。こうして蓄積された情報を元に、最終的にはそれぞれの技能者の評価が適切に行われ、処遇の改善に結びつけること、さらには人材育成に努め優秀な技能者をかかえる事業者の施工能力が見えるようにすることを目指します。

建設キャリアアップシステム(CCUS)に期待される効果

建設キャリアアップシステムはインフラです。インフラを活用してその効果を十分に発揮していくためには、行政・業界一体をなった取組が不可欠です。建設キャリアアップシステムでは、一人ひとりの技能者の情報が蓄積されていくことになりますが、こうした蓄積される情報を活用して技能者が能力や経験に応じた処遇を受けられる環境を整備し、将来にわたって建設業の担い手を確保すること、技能者を雇用する事業者の施工能力の見える化を進める枠組みをつくることが、重要な課題になっていくと考えています。

CCUSの利用方法・料金

1.技能者登録料

建設キャリアアップカードの発行に必要となる料金であり、カード有効期間は発行日から発行9年経過後最初の誕生日までとなります。なお、申請時60歳以上の方の有効期限は同14年目の誕生日まで、本人確認書類未提出者は同2年目の誕生日までが有効期限です。

申請方法 登録料(税込み)
インターネット 簡略型 2,500円(詳細型4,900円)

2.事業者登録料

事業者が本システムを利用する際に必要な登録料です。登録の有効期限は5年間で、登録が完了した日から5年後の登録月末まで有効となります。登録料は事業者の資本金額をもとに決まります。

資本金 登録料(税込み)
一人親方 0円
500万円未満(個人事業主含む) 6,000円
500万円以上1,000万円未満 12,000円
1,000万円以上2,000万円未満 24,000円
2,000万円以上5,000万円未満 48,000円
5,000万円以上1億円未満 60,000円

3.管理者ID利用料

事業者が建設キャリアアップシステムにおいて事業者情報(現場情報を含む)を管理するために、必要となる管理者IDに対する利用料金です。毎年お支払いいただく必要があります。

1IDあたり 11,400円(税込)